モノにまつわるetc.・・・オリジナル商品編

ウール中履きソックス…何枚で足のサイズはいくつ?

vol.8
ウール中履きソックス・・・何枚で足のサイズはいくつ?

たくさん履くとやっぱり温かい。
調子のが悪い時はやっぱり枚数を増やすと温かい。
けれど、どんどん大きくなる足のサイズ。
結局靴は+何センチにすればいいのか?
できればそんなに靴も増やしたくない。

そんな気持ちからcotteはウール中履きソックスを作りました。
R00154041.jpg
ウールの糸1本どりでシルク先丸ソックスと同じ形で作りました。
1本どりなのでとても薄くすけすけな感じです。
ウール中履きを入れての重ね履きと、カバーソックスだけでの重ね履き。
どのくらい足の大きさが違ってくるか試してみました。

●まず裸足
横幅(親指の付け根の出っぱている部分からぐるっと)21.5㎝
足底の長さ(足先~踵)21.8㎝
靴のサイズ:36(23~23.5㎝)

●4枚履き
横幅:22.9㎝
足底の長さ:22.3㎝

●6枚
IMG_5091a.jpg

●8枚
IMG_5090a.jpg

次は靴を履いた状態です。靴のサイズは38(+1.5㎝~2㎝ぐらい)
●6枚目
IMG_5098a.jpg

●8枚目
IMG_5099a.jpg
8枚になるとその差は歴然で中履きソックスを履かない場合は38サイズは踵が入りません。

靴選びなどのご参考にしてみてください。

ページトップへ

お客さまの声から生まれたソックス

vol.7
お客さまの声から生まれたソックス

R0016767.JPG
オーガニックコットンのニーハイソックスを作ったのは2012年。
それから、ニーハイファンの方が増え、
ファンの方からはメール、SNSや実際にお会いした時に「ウール欲しいです」と
リクエストをいただいていました。

このたびやっとそんなたくさんのお客さまの声から、
ウールニーハイソックスを作ることができました。
全長(踵~履き口)75㎝!!

R0016769.JPG
こちらもお馴染みの足首シェイプ。
グレーもブラウンもやや紫がかったなかなか味わいある色味です。
冬っぽさ全開色。

R0016770.JPG
cotteのオリジナル商品は弾性糸(ナイロンやポリウレタン)を全く入れていません。
そういうものが入っているものと比べるとやはり少しずれやすいです。
そのため履き口ゴム部分はは普段のソックスの倍の長さにしました。

R0016776.JPG
何枚目に履けるか?ですが、
足の部分だけでしたら23.5㎝でSサイズ8枚履けますが、
なにせ長いので、レギンスの枚数によって上までソックスを上げられるか変わってきます。
画像はレギンス2枚の上から。
ただ、この長さなので、レギンス3枚目の暖かさです。
物足りない方は、これに5分丈のレギンスをプラスするのがいいかもしれません。

新しいものをHPに出すときはやっぱり、毎回ドキドキ、落ち着きません。
ご注文のたびに、コメント欄に「!」アテンションマークをたくさんつけて、
「待っていましたーーー!!!!」とみなさんが仰ってくださるのを拝見して、
ちょっとほっとしています。
こちらこそいつもありがとうございます*

ページトップへ

ウールレッグウォーマー

vol.6
ウールレッグウォーマー

R0016741.JPG
前回好評いただいたウールレッグウォーマー。
やっぱりウール100%は温かさが違います。
糸も細めを採用しているので、分厚くなり過ぎず、温かさを確保できます。

長さはハイソックスと同じ。
幅はハイソックスの履き口(一番太い部分)と同じ。
厚みもソックスと同じ。
上下どちらにしてもOK。

今回はアクセントになるような色味(レッド、ターコイズブルー)とベーシックな色味を合わせたバイカラータイプです。
コットン&ウールハイソックスやウールニーハイソックスと併せて履いていただきたいと思い、
ベーシックな色は似たような色合いを選びました。

R0016831.JPG
コットン&ウールハイソックスと。

R0016830.JPG
ウールニーハイソックスと。

R0016727.JPG
コットン&ウールハイソックス・墨黒とウールレッグウォーマー・レッドの組み合わせ

色んな組み合わせを楽しんでください。

ページトップへ

新定番・コットン&ウールハイソックス

vol.5
新定番・コットン&ウールハイソックス

R0016716.JPG
以前から、無地のハイソックスが欲しいです!というご要望たくさんいただいておりました。
お客さま層が実はわかっていない店主ですが(汗)
時々、ご注文と一緒に残してくださるコメントを読むと
私と同世代多いのかもしれません。
私も個人的には段々、ハイソックスの方が好みになってきました。
パンツやスカートとソックスの間がない方がコーディネート楽。
私はそんなずぼらな思いからです。

いろいろ考えて今回はコットン&ウールの糸にしました。
肌触りや見た目はコットンに近く、履くとウール(100%には敵いませんが)の温かさ。
一年中履けるタイプにしました。
カラーもごくごく普通のなんにでも合うカラーをチョイス。
R0016763.JPG
23.5㎝ Sサイズを4枚目に履いています。
5枚目までは余裕な感じです。
6枚目だと幅広の方はきつく感じるかも。
ウール100%に比べると伸びが少ないですがその分フィット感はあります。
1年中愛用していただけると嬉しいです。

ページトップへ

cotteの靴下どのくらい重ね履きできるの?(OCニーハイ)

vol.4
cotteの靴下どのくらい重ね履きできるの?(OCニーハイ)

●使用商品:cotteのOCニーハイソックス・Sサイズ
●モデル:23.5㎝

①1枚目:シルク5本指ソックス
R0016108.JPG

②2枚目:ウール5本指ソックス
R0016133.JPG

③3枚目:シルク先丸ソックス
R0016132.JPG

④4枚履き:脚の付け根より少し下ぐらいの長さがあります。
R0016299.JPGR0016300.JPG

⑤6枚履きと4枚履き比較。ウール中履きソックス、5枚目シルク先丸ソックス
R0016301.JPGR0016302.JPG
向かって左側が6枚目。前足が6枚目。

⑥8枚履きと4枚履きの比較。4枚目&6枚目ウール中履きソックス、5枚目&7枚目シルク先丸ソックス
R0016303.JPGR0016304.JPG
向かって左側が8枚目。前足が8枚目。

※23㎝~23.5㎝の場合、Sサイズで8枚まで履けます。
※25㎝~25.5㎝の場合、Mサイズで8枚まで履けます。
※コットン先丸に比べると、オーガニックコットンは何回洗濯してもほとんど縮みがなく柔らかい印象。
その分、少し多めに重ね履きできます。
※発色も繰り返しの洗濯でも褪せにくいです。

ページトップへ


cotteの靴下のこだわり

vol.3
cotteの靴下のこだわり

○形編
R0016205.JPG
cotteの靴下はシルク5本指、コットン5本指、シルク先丸ソックスは踵がなく、フリーサイズです。
長さは40㎝で作っており、おおよその他社のものより長めです。

5本の指を入れる部分もちょっとづつ長さを変えています。
親指部分の根本のカーブがあります。
どちらも足の形に沿うように設計されています。

これにより、履いているとくるくる回ってしまう、脱げてしまうということがありません。
(そういう冷えとりソックス実は多いのです。履き心地が悪くてやめてしまう方も多いです。)

R0016206.JPG
履き口は共通して織り込んでいません。
重ね履きしても分厚くなりにくい構造です。
カバーソックスだけゴム部分を倍にしてさらにずり落ちにくくさせています。

R0016207.JPG
4枚目以降に履く、カバーソックスです。
よく見る横からみた形でなく、正面(前額面)畳みの状態でお届けします。
なぜかというと・・・
R0016208.JPG
底面の部分をめくると、こんな感じでタックのようなものが入っております。
立体編み構造になっています。
特許をとってあります。
特殊な編み機でないとこれはできません。
靴下職人の社長さんのこだわりです。
履きやすく、足首のしめつけがありません。

R0016209.JPG
後ろからみると、足首の部分もちゃんとくびれを作っています。
出来る限り、人体の形に沿うように考えいます。

R0016211.JPGR0016212.JPG

立ててみるとこんな感じです。
履きやすく、なおかつ履いた時に足がきれいにみえるように工夫しています。


○糸偏
R0016203.JPG
糸はすべて天然繊維100%。
履き口のゴム以外はまったく化繊をいれておりません。

シルク5本、コットン先丸、シルク先丸ソックス共通で、
表糸、裏糸ともに細い糸を2本どりで編んでいます。
これも他社の1本どり靴下と違い、倍の量の糸を使っています。
シルク糸も「これ以上ランクが下げたもので靴下を作りたくない」
という頑固な職人魂の社長さんのすすめもあり、
なめらかで、光沢のある質の良いシルク糸を使用しています。
細い糸を使うことで、シルクの滑らかさを実感でき、
2本どりすることで、薄いのですが、手で引っ張れば破けてしまうようなやわなものではなく、
しっかりとした靴下ができあがりました。 
また2本どりすることで、糸のあいだに空気を含みますので、とても暖かく、
通気性にもすぐれています。

R0016204.JPG
カバーソックスはさらに複雑に。
糸の太さは2種類使っています。
さらに表2本どり、裏3本どりで編んでいます。
丈夫さを追求しつつ、でも分厚くなり過ぎず、薄すぎず、伸びもよく。
重ね履きではなく、一度素足に履いてみてください。
よくあるソックスとの違いを実感できると思います。

※cotteをはじめてから、他の冷えとりソックスを履いていません。
最近では雑貨屋さんなどで冷えとりソックスを実際に手にとる機会が増えて、
久しぶりに他社の製品をみると、あまりの雑な作りに驚くこともあります。
(すべての商品がそうではないのでしょうが・・・)
cotteの靴下は、他と比べると1.5倍のお値段だと自覚しています。
ただ、糸、編む手間はその倍以上の時間と労力をかけて作っていただいております。
是非一度手に取って、実感していただけたら・・・と願っております。

ページトップへ


cotteの靴下、どのくらい重ね履きできるの?(ウール先丸)

vol.2
cotteの靴下、どのくらい重ね履きできるの?(ウール先丸)

○vol.2ではウールセットを使用して重ね履きの比較をご紹介します。
○ウールセットもスタンダードセットと同じ目数、サイズで作っておりますが、
糸の特性上、ウールのほうが伸びがよく、少し多めに重ね履きできます。

●使用商品:cotteの冷えとりウールセット・Sサイズ
●モデル:23.5㎝

①1枚目:シルク5本指ソックス
R0016108.JPG

②2枚目:ウール5本指ソックス
R0016133.JPG

③3枚目:シルク先丸ソックス
R0016132.JPG

④4枚履き
R0016131.JPG

R0016134.JPGR0016135.JPG

⑤6枚履き:4枚目ウール中履きソックス、5枚目シルク先丸ソックス、6枚目・ウール先丸ソックス・Sサイズ
R0016136.JPGR0016137.JPG

⑥8枚履き:4枚目&6枚目ウール中履きソックス、5枚目&7枚目シルク先丸ソックス、8枚目ウール先丸ソックス・Sサイズ
R0016136.JPGR0016137.JPG


➆4枚履きと6枚履きの比較
R0016150.JPGR0016146.JPG
どちらも画像向かって左が6枚履き。右が4枚履き。

➆4枚履きと6枚履きの比較
R0016149.JPG
向かって左が8枚履き。右が4枚履き
R0016148.JPG
画像向かって左が4枚履き右が8枚履き

※23㎝~23.5㎝の場合、Sサイズで8枚まで履けます。
※25㎝~25.5㎝の場合、Mサイズで8枚まで履けます。
ウールバイカラーハイソックスも同じ糸、同じサイズで作っておりますので、こちらに準じます。

ページトップへ

cotteの靴下、どのくらい重ね履きできるの?(コットン先丸)

vol.1
cotteの靴下、どのくらい重ね履きできるの?(コットン先丸)


○vol.1では一番スタンダードなシルクとコットンの重ね履きで何枚履けるか?
また見た目的にどんな感じになるのか?をご紹介いたします。

●使用商品:cotteの冷えとりスタンダードセット・Sサイズ
●モデル:23.5㎝

①1枚目:シルク5本指ソックス
R0016108.JPG

②2枚目:コットン5本指ソックス(現在カラーはライトグレーのみ)
R0016109.JPG

③3枚目:シルク先丸ソックス
R0016111.JPG

④4枚履き
R0016112.JPG

R0016114.JPGR0016115.JPG

⑤6枚履き:4枚目ウール中履きソックス、5枚目シルク先丸ソックス、6枚目・コットン先丸ソックス・Sサイズ
R0016116.JPGR0016117.JPG

⑥4枚履きと6枚履きの比較
R0016118.JPGR0016119.JPG

どちらも画像向かって右が4枚履き。左が6枚履き。

※23㎝~23.5㎝の場合、Sサイズで6枚まで履けます。
※25㎝~25.5㎝の場合、Mサイズで6枚まで履けます。
春色コットン先丸ソックスも同じ糸、同じサイズで作っておりますので、こちらに準じます。

ページトップへ