1月アドっていいともの会・感想

先週、今年第1回目のアドっていいともの会を開催いたしました。
ご参加くださいましたみなさまありがとうございました。

今回も実り多い時間でした。

みなさんと行っていくのは、実際の親子の会話をなるべく再現していただいて
その会話を分析していくのが主な作業です。
その中で、自分だけでは気づかなかったこと、見落としていたこと
実はこどものほうはちゃんと理解していたことなど
発見が多いのです。

今回もそんなことがたくさん詰まったエピソードでした。
そして会話の中から
実はこどもたちは親が発した言葉以外のその裏にある気持ちまで
見透かして(汲み上げて)
言葉を発していることもあることを知ることができました。

こどもって親の発言だけでなく、ちゃんと日々の行動も観ているんだなと思います。

そんな作業の中で
「自分の子どもに対して、肯定的な意見を言われたのははじめてです。」
と仰ってくださった参加者の方がいらっしゃいました。

この言葉は、その方だけでなく
その場にいたみなさんが幸せな気持ちになる言葉だったと思います。

「アドっていいともの会」ではアドラー心理学はどういうものか?
ということを学ぶだけでなく
実際の会話をシェアして進んでいきます。
参加したみなさんがただ一方的に話を聞くだけではなく
必ずご自身のご家庭の会話を披露して実感していただきたいと考えています。
ですので、多くても参加人数は4人までが限界かなぁと思っています。

<前のページ・・・・・・次のページ